temahime’s blog

時々手間隙かけて見つけた時短と健康、美味しいを綴ります。

冬土用にひつまぶしを食べる&シルク餅を添えたアイスクリームにファッジをトッピング

お越しいただきありがとうございます。

 

今日は大寒ですね。

今年の大寒は1月20日(木)~2月4日(木)

二十四節気の中で最も寒い季節ですね。

飲み物、食べ物などにも「寒」という言葉はよく聞きます。

寒の水、寒仕込み(酒、味噌、醤油など)、大寒卵、寒ぶり、寒鯖、寒ヒラメ、寒じめ野菜なんていうのもありますね。

この「寒」という漢字がつくと普段より美味しいイメージってありませんか?

魚は春からの産卵の時期に備えて栄養を蓄えるので脂がのって美味しくなるのだそうです。寒じめ野菜は収穫間近の野菜をわざと寒さに当てることで旨味を増すのだそうです。

栄養たっぷりの食事で大寒を乗り切りたいですね。

 

そしてもう一つ、大寒と少しずれていますが、冬土用というのがあるのをご存じですか?ブログのお仲間が教えてくれました。

夏の土用の丑の日は有名ですが、土用というのは春夏秋冬にあるのだそうです。

立春立夏立秋立冬のそれぞれ直前約18日間だそうです。

土用   期 間 注意すること 食べると良いもの 2022年該当日
 春 4/17(日)~5/4(水) やる気が無くなる 戌の日に「い」のつくものや白いもの 4/27(水)
 夏 7/20(水)~8/6(土) 夏バテ、熱中症 丑の日に「う」のつくものや黒いもの 7/23(土)、 8/4(木)
 秋 10/20(木)~11/6(日) 疲れ、老ける 辰の日に「た」のつくものや青いもの 10/30(日)
 冬 1/17(月)~2/3(木) インフルエンザや風邪 未の日に「ひ」のつくものや赤いもの  1/18(火)、 30(日)



冬土用1月18日に食べたもの、次は30日です!

 

 

2022年の冬土用は1月17日~2月3日まで

冬土用の未(ひつじ)の日に「ひ」のつくものを食べると良いと言われています。

1月18日(火)と30日(日)ですね。ひつまぶし、ひじき、干物、挽肉、ヒラメ

 

18日に食べたのは「ひつまぶし」(#^.^#)

鹿児島県志布志の鰻のかば焼きを買ってみました。

鰻についているタレを洗い落とし、フライパンに酒と水を入れて1分ほど蓋をして蒸しました。

タレは小さい鍋で酒、砂糖、醤油、みりんを少し煮詰めて作りました。

お椀にご飯をよそい、焼き海苔を刻んでのせ、細く切った鰻をのせて青ネギと貝割れを散らし練り山葵をのせて、一番だしと白だしで味の調整をしたおつゆを周りからかけました。

なんとも美味しいひつまぶしが出来ました。

f:id:temahime:20220119160251j:plain

 

厚揚げ、蓮根、人参、筍、絹さやの筑前煮、

水卵、スナップエンドウ

f:id:temahime:20220119160254j:plain
f:id:temahime:20220119160219j:plain
f:id:temahime:20220119160235j:plain

 

 

 

メープルファッジ
 
 
イギリスの甘い伝統菓子「ファッジ」は映画「ハリー・ポッター」にも登場したお菓子
ハグリッドが小屋に常備している缶に入ったお菓子「蜂蜜ヌガー」のことらしいです。
ひと粒で笑顔の魔法がかかります(*^▽^*)
 
教えてくださったのは白魔女さん、
レシピはこちらです。 ↓

メープルファッジ(レシピ) - 明日もいい日和

 

 

f:id:temahime:20220119160244j:plain

 

15㎝四方くらいの型または箱を用意し、オーブンシートを敷いておく。

材料を全部耐熱ボウルに入れて、12分位500Wのレンジにかけ、途中で数回混ぜる。

f:id:temahime:20220119160239j:plain
f:id:temahime:20220119160208j:plain
f:id:temahime:20220119160233j:plain

 

グツグツと高熱になっているので火傷に注意して電動泡立て器で4~5分混ぜ、どろっとしてきたらすぐに型に流し込む(すぐに固まるので気をつける)

f:id:temahime:20220119160213j:plain
f:id:temahime:20220119160216j:plain
f:id:temahime:20220119160258j:plain

 

粗熱が取れたら切り分ける。(ほんのり温かいくらいで切りました)

f:id:temahime:20220119160222j:plain
f:id:temahime:20220119160225j:plain
f:id:temahime:20220119160241j:plain

 

 

12月に夫が買ってきたゴディバのアイスが1個だけ残っていたので、半分ずつ皿に盛り、アシェット・デセールに。おしゃれに言ってみました(#^.^#)

アシェット・デセールというのはお皿に盛ったデザートのこと

コース料理の最後に出てくるスイーツですね。

 

チョコレートアイスに胡桃とファッジを削ってトッピング、添えたのはシルク餅です。

シルク餅は熱くしたフライパンにお餅を押しつけるようにスライドさせるとできます。

なかなか良いバランスでした(^^♪

f:id:temahime:20220119163534j:image f:id:temahime:20220119163523j:plain

 

 

 

ご馳走様でした。

                     

       

           f:id:temahime:20220119172743j:plain


              

                     

※サイドバーの検索(モバイルは最後尾)より過去記事を探していただくことができます。 

ブログに罫線があるとおしゃれ&牡蠣とパエリア

お越しいただきありがとうございます。

 

 

桜の木がつぼみをつけて春を待っています。

オオシマザクラの少し大きいつぼみを見つけました。

まだまだ固いつぼみですが、すこ~し色づいていました。

f:id:temahime:20220116153520j:plain

 

天気が良くて空を見たら、まるでハワイ?な気分

8183歩

      f:id:temahime:20220116153514j:image

 

LSSさん(id:little_strange)の「罫線のコード」を使っています。

罫線があるだけでおしゃれですね。感謝です。

 

生食用牡蠣と加熱用牡蠣
 

 

牡蠣が美味しい季節ですが、生食用と加熱用の牡蠣の違いについてです。

鮮度の良いものが生食用として売られているのではなく、どこで採れたかで生食用になったり加熱用になったりするいう事は知られていますね。

生食用は指定海域で採れた牡蠣という事です。若しくは紫外線を照射するなどして無菌化した海水に2~3日漬け、牡蠣の体の中をきれいにして出荷します。

当然美味しい部分も水で洗い流されてしまいます。安心だからと言って生食用の牡蠣を加熱調理しても美味しくありません。

河口や沿岸で採れた牡蠣の方が山や川からの栄養やプランクトンが多いため、美味しい牡蠣が育ちますが雑菌が心配なので、保健所で定期的に水質検査をして指定海域が決められます。

 

スーパーで美味しい牡蠣を見つけました。水に浸かっていない牡蠣です。

大粒で牡蠣の濃厚な旨味を感じる美味しいです。

f:id:temahime:20220116213501j:plain
f:id:temahime:20220116213204j:plain
f:id:temahime:20220116213212j:plain

 

 

旬の牡蠣を使って
 

 

f:id:temahime:20220116213317j:plain

 
【レシピ】パエリア 🥣
 
● 材 料

加熱用牡蠣(塩と片栗粉で洗う)・・・1パック

あさり(砂出し)・・・1パック

海老(背ワタを取っておく)・・・5尾

ニンニク・・・1片

鷹の爪・・・1/2本

玉葱(みじん切り)・・・1/2個

魚介スープの素(フュメドポワゾン)・・・1本

サフラン(あれば)・・・少々

緑の野菜(菜の花)・・・少々

 

● 作り方

(1)鍋にオリーブオイル、にんにくみじん切り、鷹の爪を入れて中火で香りを出す

 

(2)下処理をした魚介を入れて両面を焼く。海老は頭をトングでつぶしてミソを出す。あさりは開くまでに時間がかかりそうなら鍋の蓋をしても良い。牡蠣も軽く焼くが、魚介は焼きすぎると身がしまって固くなるので火が通れば次々に取り出しておく。

f:id:temahime:20220116212105j:plain
f:id:temahime:20220116212108j:plain
f:id:temahime:20220116212126j:plain

 

(3)中弱火にして玉葱みじん切りを入れよく炒める。

 

(4)トマトのホール缶のトマトをつぶしながら入れて混ぜ、米を洗わずに入れすぐにスープ(水+無添加魚介スープの素)を入れあればサフランを入れてコトコト12分くらい煮る。蓋はしないで!

f:id:temahime:20220116212102j:plain
f:id:temahime:20220116212117j:plain
f:id:temahime:20220116212100j:plain

 

(5)お米は芯があっても大丈夫、固すぎるようでしたら水を足しても構いません。

 

(6)水分が無くなってきたら、取り出しておいた魚介を彩りよく上に並べ、緑の野菜とレモンも飾る。

 

(7)少し強火にして焦げを作ります。パチパチという音がしだしたら出来上がり

 

f:id:temahime:20220116213608j:plain

 

 

ご馳走様でした。

          

            f:id:temahime:20220117150416j:plain

 

おしゃれ大好きクラブのロゴは、421miyakoさんよりフリーで提供されているロゴです。

※サイドバーの検索(モバイルは最後尾)より過去記事を探していただくことができます。 

人の喜びを喜べる人&ラベルシール作りと春菊料理

本日も
お越しいただき
ありがとう
ございます

 

おもてなしの気持ちを込めて。

 

LSSさんのコードをお借りしました。

これ、きれいだなぁって思っていて、いつか使ってみたいと思っていました。

使い方がどなたかと被っていたらごめんなさい。

HTML編集の画面にコードをコピペするだけで素敵なおもてなし表現になりました。

毎回使いたいくらいです(*^^*)

自分の好きな色に変更することができるように親切に説明が書いてあるので色を変えてみました。webの色見本からカラーコードをコピーしました。

 

LSSさんのブログのサイドバーに「リンク・言及ご自由にどうぞ」って書いてあるので助かります。

はてなブログの皆さんは本当に優しくてサービス精神に溢れています。

LSSさん、おかげでブログが更に楽しくなっています。

ありがとうございます。

皆さんも、LSSさんの楽しいブログを一度、覗いてみませんか?

 

 

ラベルシール作り
 
 
キッチンの調味料とか粉類のラベルシールを作りました。
今までマスキングテープにマジックで書いて貼っていたのですが、
それを、ちょっとおしゃれにしてみようかなぁと思いついたのです。
セリア(100均)でラベルシールを買って来ました。
ノーカットタイプのラベルです。
形や絵はワードで描きました。面白いです(*^▽^*)
こうしてみると粉類とか調味料ってたくさんありますね~
f:id:temahime:20220112221039j:plain
f:id:temahime:20220112221031j:plain
f:id:temahime:20220112221034j:plain
 
早速、お味噌に貼って、ちょっと並べてみました。
一番左は先日作った柚子胡椒、上に丸いシール貼ってます。
煮干し、赤味噌西京味噌、米味噌、麦味噌まで冷蔵庫に入れています。
朝のお味噌汁はこの中の2種類を混ぜて使っています。具材は5種類以上、5分で出来るようにしています。
八丁味噌は冷凍庫に入れています。
お味噌は冷凍庫に入れても固まらず柔らかいまま保存できます。香りが抜けません。他のお味噌はすぐになくなるので冷蔵庫保存しています。持ち手があるので片手で2種類持って取り出せます。
f:id:temahime:20220112221042j:image
 
キッチンの調味料が可愛くなると気持ちが上がりますね(#^.^#)
 
きくな(春菊)の料理
 
 
これ、とっても美味しかったです。
だるころさん(id:darucoro9216kun)のお母様の料理「きくな&くるみ」ですが、本当のお味はわからないので、自分が食べたい味にしてみました。
 
米酢、蜂蜜、味噌、粒マスタード、オリーブオイルだったかな~
白だしもほんの少し入れたかもしれません。もう忘れちゃってる💦
マスタードの酸味と胡桃味が効いてきくな(春菊)の香りとマッチしていました。
f:id:temahime:20220112231802j:image
 
 
 
こちらは春菊入り草餅です。
夫が大好きなので、もう何度も作っています。春菊を入れると香りがいいのです。
いつも4個作って3個は夫が食べます。当日2個、翌日1個です(笑)
f:id:temahime:20220113002724j:image
 
レシピは白魔女さん(id:whitewitch)のブログに詳しく書いてあります。
乾燥よもぎというものを知りました。
レンジで草餅ができることも(笑)
お料理のヒントをもらっています<m(__)m>
上に紹介した春菊料理、どちらも葉っぱの柔らかいところだけを使いました。
残った茎ももちろんいただきます。
冷蔵庫に菜の花も少し残っていたので、一緒に和え物を作りました。

 
【レシピ】春菊とあんぽ柿の胡麻和え 🥣

 
● 材 料

春菊や菜の花など・・・3茎くらい

あんぽ柿・・・大きさにより1/3~1/2個

白煎り胡麻(すりおろし)・・・大さじ1

だし・・・大さじ1

白だし・・・小さじ1

 

● 作り方

(1)春菊と菜の花をよく洗って葉っぱと茎に分けます。

(2)鍋に湯を沸かして、沸点を上げるために塩を一つまみ入れます。

(3)茎の部分を入れて30秒くらい茹で、葉っぱを入れ、10秒ほど茹でたら氷水にサッと漬けて熱の入り過ぎを防ぎ緑色を鮮やかに保ちます。水に漬ける時間が長いと水溶性の栄養が逃げて旨味もなくなってしまうのですぐに取り出し軽く絞ります。

(4)ここで少し手間ですが、出汁洗いをすると水っぽくならず美味しく出来上がります。出汁大さじ1程度をボウルに入れ、茹でて冷ました春菊と菜の花を混ぜ、軽く絞ります。

(5)ボウルに入れ、小さく切ったあんぽ柿(多く入れると甘くなるので1/3くらいで良い)を入れ、白煎り胡麻を擦って入れる。

(6)白だしを小さじ1くらい入れて混ぜ、味見をして調整します。

f:id:temahime:20220113002839j:plain
f:id:temahime:20220113002837j:plain
f:id:temahime:20220113002845j:plain
 
 
 

ご馳走様でした。

 

 

人の喜びを喜べる人

 

 

今日はタイトル通り、人の喜びを喜べるブロガーさん4名のお名前を書かせていただいています。ステキな方々、実は「はてなブログ」はそういう方だらけで他にもたくさんいらっしゃいます。私の生活はブログで知った知識や情報でより素敵なものになっています。素晴らしいブロガーさん達と知り合え、交流することができる自分は幸せだなぁって思います。

 

 

             f:id:temahime:20220112093838j:plain

 

今日はラベルシールを中に入れてみました。

おしゃれ大好きクラブのロゴは、421miyako(id:m421miyako)さんのブログをおしゃれにしたいという想いに賛同するはてなブロガーさんにフリーで提供されているロゴです。

 

※サイドバーの検索(モバイルは最後尾)より過去記事を探していただくことができます。 

柚子仕事と胡桃ゆべし、鯖のしゃぶしゃぶ

本日もお越しいただきありがとうございます。

 

東京、千葉は雪で大変でしたが、今日はようやく晴れて溶けそうです。

こんなものがマンションの玄関に置いてありました。

なんだか、可愛いですね。お疲れ様です。

f:id:temahime:20220108205940j:image

 

 

柚子仕事
 
 
今日は柚子仕事のお話です。
お正月開けて、黄柚子がお手頃になってきました。
実は、昨年の秋、ブログ仲間の白魔女さん(id:whitewitch)がお庭の柚子をたくさん収穫されて柚子胡椒を手作りされていたのです。
まぁ、とにかく「すごい!」の一言なのです。
 
その時の記事がこちら ↓

whitewitch.hatenadiary.com

 

whitewitch.hatenadiary.com

 

 

そんなに柚子も手に入らないし、私には無理な柚子仕事だわ~って思っていたのですが…

白魔女さんが美味しい美味しいと言い続けてて、

私が作らないのは不思議とまで言われて、ちょっと興味が湧いてきました(笑)

 

で、作ってみました~

なにこれ?今まで使っていた柚子胡椒とは別物です!

香りが良いのは当然なんだけど、

柚子の香りが爽やかです!!

 

今回の分量をレシピに残しますが、柚子の大きさや種類にも違いがあり、何回か作るうちに変わりそうです。

 
【レシピ】柚子胡椒 🥣

 
● 材 料

柚子の皮・・・7個(130g)

青唐辛子・・・4本

塩・・・柚子の皮と青唐辛子の重さの10~15%

 

● 作り方

(1)保存する瓶を消毒しておく。

(2)柚子は洗って水けを拭き取り、皮を薄くむく。白い部分も少し

(3)青唐辛子はヘタと種を取り、刻む。

(4)柚子と青唐辛子と塩をフードプロセッサーにかける。

(5)すり鉢で擦って、保存瓶に入れる。

※左から、柚子胡椒、柚子の皮、塩柚子、干し柚子(実だけ)

1個分は皮を2㎝位に切り、小さなジップに入れて冷凍保存し料理に使う。

干し柚子は中の実を薄く切って天日干し、ジップに入れて冷凍します。

f:id:temahime:20220109010137j:plain
f:id:temahime:20220106224846j:plain
f:id:temahime:20220109005427j:plain
f:id:temahime:20220109005424j:plain

 

 

 

市販の柚子胡椒はとてもしょっぱくて、たくさん使えません。

それを残念に思っていたので減塩で作ってみました。

柚子の皮と青唐辛子の重さに対して塩を10%にしてみたのです。

しょっぱくなくてたくさんつけて食べられるのが嬉しいですが、もう少し塩をきつめにしてもいいと思いました。

 

買い物には行かなかったので、夕飯はアルモンデ♪

お正月に半端に残っていた牛肉を解凍して、あっさり塩胡椒で焼いて、

もちろん、柚子胡椒をつけていただきました。香りがフレッシュです!

お肉の脂を柚子胡椒が包み込んでくれているよう(*^▽^*)

いつもよりたくさん食べられました。

 

パスタにも使いました。

ニンニク、鷹の爪、豚肉、オレンジ白菜、マッシュルーム、菜の花、柚子胡椒

パスタの左は、赤蕪の柚子煮

f:id:temahime:20220109001011j:plain
f:id:temahime:20220109001025j:plain
f:id:temahime:20220109005429j:plain
f:id:temahime:20220109005523j:plain
f:id:temahime:20220109001054j:plain

 

 

胡桃ゆべし

 

今、ハマっている胡桃ゆべしを紹介します。

こちらも白魔女さんに教えていただきました。

こんなに簡単に胡桃ゆべしを家で作ることが出来ることに驚きました。

カロリーや糖質は高めなので半分の量で作っています。

美味しくて食べ過ぎちゃうので💦

ダイエットには向きませんが、胡桃はアンチエイジングや良質な睡眠、自律神経の安定にも効果があると言われ、スーパーフードと言われています。

腹持ちが良く、このくらいの量でちょうどいいです。

次は柚子を入れてみよう✨

f:id:temahime:20220109005745j:image

 

【レシピ】胡桃ゆべし 🥣
 
● 材 料

胡桃・・・40〜50g

白玉粉・・・100g

黒砂糖・・・70〜100g

醤油・・・小さじ1

ぬるま湯・・・180 CC

きなこ・・・大さじ2

片栗粉・・・適宜

 

● 作り方

(1)ボールに白玉粉、黒砂糖、醤油、ぬるま湯90ccを入れてよく混ぜる。

(2)軽くラップをして電子レンジに2分かける。

(3)ムラになっているのでよく混ぜる。

f:id:temahime:20220107155839j:plain
f:id:temahime:20220107155859j:plain
f:id:temahime:20220107155846j:plain

 

(4)胡桃ときな粉を入れてよく混ぜ、さらに2〜3分レンジにかける。

f:id:temahime:20220107155851j:plain
f:id:temahime:20220107155844j:plain
f:id:temahime:20220107155849j:plain

 

(5)さらに良く混ぜて片栗粉を振ったクッキングシートの上に胡桃ゆべしを乗せ、上からもクッキングシートをかぶせて麺棒で均一に伸ばして冷ます。

(6)包丁に片栗粉をつけて切り分ける。

f:id:temahime:20220107155836j:plain
f:id:temahime:20220107155854j:plain
f:id:temahime:20220107155856j:plain
 
 
 
「かながしら」って知ってますか?


かながしらっていう魚、始めて見ました。
お店の人が、金沢ではから揚げにしてよく食べられているって勧めてくれました。
どうやらホウボウの仲間のようです。から揚げにしてみたらとても味の良い魚でした。
右の写真は魚沼のうるいの酢味噌です。これも美味。
f:id:temahime:20220106224849j:plain
f:id:temahime:20220106224843j:plain
f:id:temahime:20220106224853j:plain

鯛の昆布締めとめかぶも食べましたが、写真がなかったです"(-""-)"
 
 
鯖のしゃぶしゃぶ
 
 
お正月に使った笹の葉が残っていたのを思い出して、盛り付けた後から下に差し込んだら鯖の刺身が崩れてしまった( ;∀;)
魚屋さんで買ってきた生で食べられる鯖ですがアニサキス問題があるので火を通して、もちろん柚子ポン酢と柚子胡椒でいただきました。
鯖は青臭さもなく上等でした。
 
七草でしたので、セリも一緒に٩( ''ω'' )و根っこが美味しいですね。
お酒は「田友」フルーティで美味しいお酒でした。
f:id:temahime:20220109001148j:plain
f:id:temahime:20220109001213j:plain

 

お酒好きさんたちの紹介の仕方、真似してみました(笑)
f:id:temahime:20220109113205j:image f:id:temahime:20220109113216j:image

 
 

ご馳走様でした。

               f:id:temahime:20220109104133j:plain

 

※おしゃれ大好きサークルのロゴは、421miyakoさんが提唱するブログをおしゃれにしたいという想いに賛同するはてなブロガーさんにフリーで提供されているロゴです。

※サイドバーの検索(モバイルは最後尾)より過去記事を探していただくことができます。 

黒豆のベイクドチーズケーキとタイニーシュシュのシーザーサラダ

お越しいただきありがとうございます。

 

娘たちが元旦に帰って、もうすっかり日常です。

帰ってからPCR検査をして陰性だったと報告がありました。

コロナ禍で充分に楽しめなかったかもしれませんが、やはり元気な顔を見ることが出来て嬉しかったです。

 

さて、おせちもすっかりなくなってしまったのですが、黒豆のワイン煮、これアレンジするのが楽しみで残るのを見越して作っています。

昨年はアイスケーキにしたり、豆乳プリンにしたりしました。

 

ワインに漬けてあるので洋菓子にも合います。

この際、冷蔵庫に中途半端に残っているものも消費しましょうと思ってチェック。

 

黒豆の赤ワイン煮の豆だけ・・180g

生クリームの使いかけ・・95㎖

クリームチーズの使いかけ・・160g

 

この材料を使ってしまいたいので、黒豆のベイクドチーズケーキを作ることにしました。

レシピがあるわけではないので、あるだけの分量でアバウトな作り方です。

でも、ブログに載せようと思っていたので、分量を量りました。

いつもなら残り物で分量も量らずに作るリメイクスイーツです。

反省材料になることも多いですけど(笑)

 

【レシピ】黒豆のベイクドチーズケーキ

 ※オーブンは180℃に予熱 焼成時間35分
 
● 材 料

黒豆の赤ワイン煮(煮汁は切っておく)・・・180g

クリームチーズ(残っていた物)・・・160g

ラニュー糖・・・(卵白に30g)+クリームチーズに20g)

卵・・・2個

生クリーム・・・95㎖

薄力粉・・・40g

※砂糖の分量は各家庭の黒豆の甘さやお好みを考慮します。

我が家の黒豆はかなり甘さを抑えて作っているのでグラニュー糖を加えています。

 

● 作り方

準備:パウンドケーキ型に敷き紙を敷いておく。オーブンは180℃に予熱

(1)黒豆はザルに上げキッチンペーパーに広げ小麦粉を軽くまぶす。

(2)卵は卵白と卵黄に分け卵白は泡立て砂糖を加えて更に泡立てておく。

(3)クリームチーズは柔らかくして、グラニュー糖、卵黄を混ぜレモン汁を入れて泡立て器で攪拌する。

(4)卵白の泡立てを1/5程度、クリームチーズのボウルに入れ混ぜる。

f:id:temahime:20220104175740j:plain
f:id:temahime:20220104175809j:plain
f:id:temahime:20220104175811j:plain
f:id:temahime:20220104175745j:plain

(5)(4)を卵白の泡立てに全部入れ混ぜたら、ふるった小麦粉と黒豆を入れて底からしっかり混ぜる。

(6)型に流し入れ、空気抜きをする。

(7)180℃に予熱したオーブンで35分焼く。上がひび割れた状態で良い

f:id:temahime:20220104175738j:plain
f:id:temahime:20220104175748j:plain
f:id:temahime:20220104175735j:plain
f:id:temahime:20220104175801j:plain
 
 
黒豆のベイクドチーズケーキが出来上がりました!
 
黒豆は重いから小麦粉振って入れてもやっぱりみんな沈んじゃいました。
甘さ控えめでふわふわのチーズケーキでした。
出来立てはしっかり赤ワインの味がしますが、翌日は消えていました。
f:id:temahime:20220104233742j:image
 
 
 

おせちの後は、揚げ物が食べたくなってきます。

 

一昨日のごはん  蓮根のはさみ揚げ

 

 

蓮根のはさみ揚げ、タコ、ぎんなん、鶏ハムのトマトソース、大根と人参のきんぴら煮

鶏ハムは結局残ったので翌日チャーハンにしました。

f:id:temahime:20220104175803j:plain
f:id:temahime:20220105000307j:plain
f:id:temahime:20220105000305j:plain
f:id:temahime:20220104175758j:plain


 

昨日のごはん  トンカツ、タイニーシュシュのシーザーサラダ

 

シーザーサラダに使ったのはタイニーシュシュです。
普通の白菜より小ぶりで柔らかく、生で食べるのが美味しいです。
普通の白菜は葉っぱの裏側に小さな棘があるって気づいていますか?
タイニーシュシュにはありません。
 
白菜には水溶性のビタミンやミネラルが多いので、加熱せずに生で食べるとビタミンCをしっかり摂ることができるんじゃないかと思っています。
お汁ごといただく料理にしても栄養が摂れていいのかもしれませんが、生で食べるのが美味しくてお薦めです。
 
ビタミンCの他にもカリウムが含まれているのも嬉しいです。
カリウムは塩分を排出する役割があるので、塩分摂りすぎのおかずの時に一緒に食べるといいですね。
タイニーシュシュとカリカリに焼いたベーコン、淡路島のフライドオニオン(クルトンがなかったので)の上にパルミジャーノをふんわりたっぷりかけました。
 
ドレッシングはマヨネーズ、ニンニクすりおろし、塩・胡椒、レモン汁、東洋オリーブのエキストラバージンオイル「和み」を使いました。
f:id:temahime:20220105000300j:image
 
f:id:temahime:20220105000310j:plain
f:id:temahime:20220105000302j:plain


 

ご馳走様でした。                      

            f:id:temahime:20220105161402p:plain

 

※サイドバーの検索(モバイルは最後尾)より過去記事を探していただくことができます。 

新年のご挨拶と食卓

お越しいただきありがとうございます。

 

2022年

明けましておめでとうございます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 
年末26日から娘夫婦が帰省していました。
元旦の朝、昨日なんですけど帰って行きました。
コロナ禍での移動はやはり気を遣いますね。
移動の時期をずらして1週間の滞在でした。
 
人数増えると食べることをするだけで結構忙しくなります。
なんて言い訳なんですけど、お料理の途中経過の写真、ほとんど撮れていません💦
それどころか、いろいろ忘れていますが書きません(笑)
ひとつ白状すると、紅白なますを作るつもりが紅白の塩もみになっています(笑)
三杯酢に漬けなおすのを忘れたんですね~(/ω\)
家族からはちょうど箸休め的な役割してて、口の中がさっぱりしてこれもいいねと慰めてもらいました~アハハ
 
我が家の食卓は伸長タイプなので、年越しの食事はテーブルを長くして、
手前にも一人分お膳があります。
一人ずつにお膳に盛ったおせちは定番のおせち、お煮しめは別皿に。
お刺身は二皿に分けて、ローストビーフ、鶏ハム、紅白かまぼこ。
いろんな味が少しずつ楽しめて美味しいと家族全員、きれいに平らげてくれました。
 
家族団らん、楽しいひと時でした。洗い物は息子が担当。
少し、時間をおいて年越しそばをいただきました。
蕎麦は、一番だしに大羽煮干を入れてとった出汁にかえしを加えて作ります。
とっても美味しいとみんな大満足でした。
f:id:temahime:20220102000124j:image
 
娘夫婦は海老が苦手なので海老の旨煮の替わりに、ちまりんさん(id:chimaring)から提案していただいた八幡巻きを盛りつけました。
f:id:temahime:20220102010551j:plain
f:id:temahime:20220102000737j:plain
f:id:temahime:20220102003443j:plain
 
ローストビーフも別皿に追加しました。蒲鉾は山葵を挟んでいます。
鶏ハムだけの写真は撮り忘れ( ノД`)
f:id:temahime:20220102000115j:plain
f:id:temahime:20220102000054j:plain
f:id:temahime:20220102000110j:plain
f:id:temahime:20220102000130j:plain


 

元旦 朝の食卓
 
 

正月三が日はお屠蘇をいただきます。

正式には屠蘇延命散、若い人のエネルギーを年長者がいただくというものらしいです。

今まで、お屠蘇は日本酒とお砂糖かみりんを入れるものだと思っていました。

でも、甘くしなくてもいいんだという事にだるころ9216さん(id:darucoro9216kun)のブログコメントで気がつきました。また、固定概念を崩されました(笑)

日本酒に薬局で買った屠蘇延命散を漬けておくだけですが、薬草の香りが好きです。小さいころから薬草は馴染みがあるので懐かしい感じです。

ビャクジュツ、山椒、桂枝、防風、桔梗、陳皮、丁子などが細かく刻まれて入っているそうです。

調べると、白ワインに漬け込んでも美味しいそうです。やってみたい!(^^)!

f:id:temahime:20220102010919j:image
 
お澄ましのお雑煮、輪島のお椀によそってお正月です。
出汁:一番だしと伊吹いりこ大羽の合わせだしと焼きするめ
具は:大根、オレンジ白菜、豆腐、筍、しめじ、人参、水菜、三つ葉、焼き餅
吸い口:柚子の皮(水菜と柚子の皮はお椀によそってから入れます)
f:id:temahime:20220102000127j:image

 

 

元旦夜はおせちです
 

おせちもほとんどなくなってしまいました。

残っている黒豆のワイン煮はリメイクします。

f:id:temahime:20220102000102j:plain
f:id:temahime:20220102000113j:plain
f:id:temahime:20220102000105j:plain
f:id:temahime:20220102000121j:plain
f:id:temahime:20220102000141j:plain
f:id:temahime:20220102000100j:plain

 

 

1月2日の朝のお雑煮は京風にしてみました。
 
 
初めての試みで、西京味噌と普段お味噌汁に使っている米味噌を合わせてみました。
出汁:一番だしと伊吹いりこの合わせだしと焼きするめ西京味噌、米味噌
具は:大根、オレンジ白菜、豆腐、お揚げさん、筍、しめじ、人参、水菜、焼き餅
吸い口:柚子の皮(水菜と柚子の皮はお椀によそってから入れます)

f:id:temahime:20220102110606j:image

 

食べる時に一味を少し振っていただきました。

白味噌の甘さと一味の辛み、風味、柚子の香りが余韻に残る美味しいお雑煮でしたが、やっぱりお澄ましの方が好きという感想に落ち着きました。

※一味は友人から頼まれて2種類の一味を味比べしています。

お雑煮にはマイルドなものを合わせました。

ねじり松葉ゆずは小さく四角に切った柚子の皮を手前と向こう側から切り目を入れてねじり合わせる。

f:id:temahime:20220102110604j:plain
f:id:temahime:20220102110601j:plain
f:id:temahime:20220102110555j:plain



ご馳走様でした。   

            

                     

                   f:id:temahime:20220103100710j:plain

 

※サイドバーの検索(モバイルは最後尾)より過去記事を探していただくことができます。 

本年中は大変お世話になりました。

お越しいただきありがとうございます。

 

今年も終わってしまいますね。

1年を振り返ると、なんと幸せな1年だったかと改めて思います。

 

コロナ禍で外出もままならない日々でしたが、

去年から始めたブログを続けることで、ここに来てくださる皆様との交流ができ、学びの多い年になりました。

 

ブロ友さんと交流が深くなると、ブロ友さんの体験を疑似体験するような感覚になることがあります。

一緒にお散歩したり、旅をしたり、美味しいものを食べたり、幸せとは何かを考えたり…

楽しい小説や音楽の世界、アニメの世界、CSSの世界…

または、いまこの方は大変そうだなぁとか、早く心配ごとや痛みから解放されますようにと、心から願ったりします。

 

こんな風にブログを続けられているのは皆様の支えがあるからですが、なかなか皆様のところへ伺えない日も多く、大変失礼しています。

 

言葉に尽くせない感謝の気持ちは宇宙規模です!!

本当にありがとうございました。

来年も引き続きよろしくお願いいたします。

それでは、今年最後のレシピの更新をします。

 
 
【レシピ】数の子 🥣 
 
数の子は一番だしをとって作ります。
我が家では、お雑煮はこのお出汁にスルメを焼いたものを加えます。
 
● 材 料

数の子・・・400gくらい

鷹の爪・・・少々(お好みで)

一番出し・・・300㎖

薄口醤油・・・大さじ4

酒・・・大さじ4

みりん・・・大さじ1

追い鰹・・・少しお茶パックに入れて

 

● 作り方

(1)数の子は薄~い塩水に漬け、途中で塩を入れない水に変えて1日かけて塩抜きをします。

(2)ほど良く塩が抜けたら(完全に抜かない)薄い膜を手でこすりながら取り除きます。

(3)濾して冷ました出汁と調味料をすべて保存容器(ジップでも良い)に入れ数の子を漬け込みます。

(4)お茶パックに入れた鰹節を一緒に漬け込むと鰹の香りが良く味も良いです。

写真は一番だしをとっている様子です。

鍋に水と昆布を入れ2時間ほど置き火にかけます。沸騰する直前に取り出して沸騰したら鰹節をひとつかみ入れ火を止めます。鰹節が湯に使ったら網にキッチンペーパーを敷いて濾します。箸で混ぜたりしないように。

f:id:temahime:20211231063201j:plain
f:id:temahime:20211231063156j:plain
f:id:temahime:20211231063158j:plain
 
 
フライングして食べちゃいました。
f:id:temahime:20211231063145j:image
 

 

一昨日のごはん
 
 
ミニトマトしらすの和え物、カマスの塩焼き、赤カブのカルパッチョ、厚揚げとオレンジ白菜煮
f:id:temahime:20211231063150j:plain
f:id:temahime:20211231063153j:plain
f:id:temahime:20211231063148j:plain
f:id:temahime:20211231063143j:plain
 

ご馳走様でした。

 

 

このブログを読んでスターやブクマ、コメントをくださる皆様に心から感謝です。

ありがとうございました。

そして、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

今年の記事はこれでおしまい、

皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

                     

                     

                      

 

※サイドバーの検索(モバイルは最後尾)より過去記事を探していただくことができます。